2022年4月28日木曜日

ウクライナ侵略2ヶ月目

 今日は久しぶりの美しが丘フードD宣伝でした。10人を超える人達が日曜の朝にもかかわらず参加してくれました。

美しが丘は高い位置にあり、おまけに羊ケ丘通りはまるで風の道、参加者のプラスターを持つ手にも力がこもります。

今日はロシアがウクライナに侵攻して2か月目。原発や病院、学校やスーパー まで次々爆撃し、市民を殺傷するロシアの行為は侵略戦争以外の何物でもありません。

日本共産党はロシアだろうがアメリカだろうが、他国の主権を侵す覇権主義も侵略戦争も絶対に許しません。

なかにはロシアとウクライナを「どっちもどっち」と同列に見る人や、「ロシアは共産党なんでしょ?」と考える人もいて、そういう時には、日本共産党の考えを正しく真剣に伝えなければならないと思います。それもウクライナの人達との連帯行動の一つではないかと思います。

ウクライナから国外に避難している人は513万人、人口の12%と言われます。赤旗には身寄りのない子どもたちの写真が掲載されました。

「戦争させないようにするのが政治の果たす役割」と「女性のつどい」で話したはたやま和也さん。

7月の参議院選挙、「戦争ができるように」しようとしている人達の思い通りにさせる訳にはいきません。

(4月24日 記)

2022年4月21日木曜日

「平和をよぶ」女性のつどい

 久しぶりに清田区の「女性のつどい」が開かれました。「平和をよぶ」が頭についているところに主催者の熱い思いが込められているのを感じます。

はたやま和也 元衆院議員を囲んで交流する参加者(=4月16日、清田区)
 

 参加者の拍手で迎えられた、はたやま和也さんは、清田区のバス路線を把握するため車ではなく地下鉄からバスに乗り継いで、区民センターまで来たことを話すと、「さすが、はたやまさん、たいしたものだわー」という参加者のまなざしが語っていました。

夏の参院選の共産党北海道選挙区予定候補として新たなスタートを切った、はたやまさんは、戦争させない政治の役割を強調し、だからこそ憲法9条を生かした外交をと、この間のホットな情勢を熱く語りました。

(左側)情勢について語る はたやま和也 元衆院議員

 また、いま学校トイレに生理用ナプキンを置く運動が広まっていますが、1982年道立高校にトイレットペーパーを初めて設置させたのが共産党道議の本間喜代人さん(小樽)だったことなど、国外国内問題を縦横無尽に話してくださいました。

締めくくりはユーモア交えて「かずやのかずは平和の和、私が行くところ平和を作ります!」ときっぱり!

質問コーナー、新婦人の班内後援会から活動報告と決意表明、私は市議会報告と盛りだくさんのつどいでした。

(左側)議会報告を行う吉岡市議
 

「やっぱり、参加してよかった!何か元気が出た」。つぶやきを耳にしましたが、参加したみんなの共通の思いではないでしょうか。

(4月18日 記)

 

 

※はたやまさんが自身のブログで「つどい」を紹介してくれました。

↓↓

「はたろぐ」4月16日付 五輪はじめ大型事業を見直せば

 

2022年4月14日木曜日

高校無償化・朝鮮学校

 4月、希望と不安が交錯する季節ですね。清田区には北海道でただ一つの朝鮮学校があるのは、ご存じでしょうか。

 2010年から、高校無償化が実施されたものの、朝鮮学校の高校生は、無償化の対象から外されています。

 支える会が毎週清田区役所前で宣伝行動をしていますが、きょう一年ぶりに参加させていただきました。

(右から2人目)支える会の宣伝行動に参加する吉岡市議(=4月11日、札幌市清田区)
 

 そのことをフェイスブックに投稿すると、ある方から「なぜ無償にする必要があるの?」と質問がありました。「子どもの教育は国連人権規約、子どもの権利条約などで、国籍に関係なく、その子どもが住んでいる国の政府が責任を持つことになっている」こと、「日本政府は、ほかの外国語学校は対象にしている」こと、「拉致問題を理由に適用除外を支持する意見もあるが、北朝鮮が拉致問題に関与しているからといって、子どもたちの学ぶ権利とは別の問題」などと返信したところ、考えるところはありながら「人それぞれ考え方があるので無償化運動は否定しません」と再度返信がありました。

 子どもたちは社会の鏡といわれます。社会の矛盾を背負いながら生きています。

 分け隔てなくどの子も、どこの国の子も無償化の恩恵を享受して学んで欲しい。そういうことのできる日本であって欲しいと思います。


 

(4月11日 記)


2022年4月7日木曜日

消費者契約相談 188(イヤやー)

 4月1日から、成人年齢が20歳から18歳に引き下がることに伴う消費者契約について、3月22日に質問しました。

アパート契約やクレジットカードの取得を親の同意がなくてもできるようになる一方で、若い人たちの約6割が、悪質な被害にあうのではないかと、不安を感じています。

最初の話とは違う、あの手この手で悪質な契約を交わされた後でも、これまでは18歳、19歳の若者は、「未成年者取消権」で取り消しができましたが、成人となることで対象外となってしまいました。

この問題に詳しい札幌の弁護士は「成人になれば、親の同意がなくても契約が成立することを知っている業者が、新成人の18歳、19歳にターゲットを移す」と警告しています。

このため、札幌市は昨年末からユーチューブやLINEを使った広告、テレビCMなどで啓発事業に取り組み、消費者庁が作成した高校生向け教材「社会への扉」は札幌市内の高校76校中57校(83%)で活用されています。

本来なら、しばらくは18歳、19歳も暫定的に「未成年者取消権」を使える法律にすることが、セーフティネットとして必要だと思います。

「おかしいな?」と感じたら、早めに消費者庁が開設した「消費者ホットライン188(イヤや―)」に電話しましょう。

(4月4日 記)

2022年4月5日火曜日

吉岡ひろ子だより9号を発行しました。

 吉岡ひろ子市政事務所は、このほど「吉岡ひろ子だより」9号を発行しました。 

 表面は、▼札幌市内で進められている学校統廃合計画と市議団発行の市政だより号外について。 ▼第一回定例会で吉岡市議が行った、バリアフリー基本構想改定案の質問について。▼昨年の9月から10月にかけて行われた「地域交流拠点清田の機能向上に向けた清田区民アンケート調査」の結果についてです。

吉岡ひろ子だより9号(表面)

 

 裏面は、▼市民生活に大きな影響を及ぼした豪雪と除排雪の問題。▼日本共産党市議団が行った緊急要望について。▼吉岡ひろ子市政事務所で行った生活相談について。そして、▼吉岡市議の「ひろ子コラム」です。

ひろ子だより9号(裏面)


PDFはこちらからダウンロードできます。 ↓↓

吉岡ひろ子だより9号