2023年2月9日木曜日

幼稚園デビュー

 一期4年間最後の定例会を前に、局別予算勉強会や議案説明、質問準備など緊張した日々が続く昨日の夜。市役所を出て地下鉄大通駅のホームにいると、息子からメールがありました。

昨日は2歳の孫にとって、初めての幼稚園登園日だったらしく、様子が書かれていました。

「泣かなかった」「園についてすぐにおままごとを始めた」「ご飯前のお祈り(キリスト教系の幼稚園)を無視して食べ始めた」「おかわりを要求した」などなど…そして「帰りのバスで寝た」…。

孫はコロナ感染症が流行した年の10月に生まれたこともあって、外出も殆どできない状況だったので、どんな反応を示すか心配していましたが、漫画のような「幼稚園デビュー」に、一人地下鉄のホームで吹き出しました。

社会という大海原に船出をした孫の楽しくもたくましい幼稚園デビューの姿を想像しながら、私も楽しい気分にさせられました。

息子はメールで、幼児無償化は3歳からなので、10月までは毎月保育料が結構負担なことと、「3歳からでもありがたい」と。

どの子も一人ひとりが大切にされて、幸せに生きる権利を保障できる社会でありたいと願います。

(2月7日 記)

子ども医療費、学校給食費の無償化を訴える吉岡市議(=2月7日、清田区)


 

 

「さっぽろ市政だより」2023年冬号ができました。

 日本共産党 札幌市議団の活動と実績を報告する、「さっぽろ市政だより」2023年冬号ができました。

これから各家庭に配布する予定です。ぜひお読みください。

「さっぽろ市政だより」2023年冬号(表面)

「さっぽろ市政だより」2023年冬号(裏面)    


2023年2月2日木曜日

平和でこそ商売繁盛

 3年ぶりの東部民商新年会が開かれました。

東部民商 工藤雄起会長と北商連 志子田副会長から、「ストップ軍拡、 ストップ増税、 ストップインボイス、 ストップ原発で仲間を増やし、共に商売を頑張りましょう」などとあいさつがあり、歓談・交流の時間では日本共産党から豊平区の池田ゆみ市議・白石区のさとう綾市議、そして私も市議選への決意を述べさせていただき、同じテーブルの清田区の会員さんたちとゆっくり歓談もできました。

 新年会が終わって帰り際に婦人部長の武田さんから、昨年の12月13日に札幌市議会で全会一致で採択された、「所得税法56条廃止」の国への意見書の活動について伺いました。共産党だけでなくすべての会派を回って、中には控室に招いてくれて懇談した会派もあったとお聞きしました。


 「所得税法56条」は中小自営業や農業の家族への給与を経費として認めず、いくら長時間働いても配偶者は86万円、そのほかの家族は50万円が控除されるだけ。民商は「第56条」を廃止してジェンダー平等と働きかけて、札幌市は政令市で2番目、北海道では179市町村101番目の採択、引き続き国で廃止されるまで頑張ろうと訴えています。

 平和でこそ、商売繁盛! ジェンダー平等、今こそ!

(1月31日 記)

2023年1月26日木曜日

新春のつどい

15日に事務所びらき、19日には区内8カ所でキャラバン宣伝、そして22日、3年ぶりの「清田区新春のつどい」があり、寒くて歩きにくい雪道をたくさんの方が参加してくださいました。本当にありがとうございました。

2期目勝利に向けて意思統一(=1月22日、清田区)

 

オープニングのコーラスで、新婦人「コモド」が歌った半崎美子さんの「明日を拓こう」は、18年11月の朝、「バス停前宣伝」に行く途中に車中で初めて聴いた歌です。心にしみる歌声と歌詞は胸に迫るものがありました。

オープニングのコーラスに聴き入る参加者

コモドの歌声は半崎美子さんとはまた違うすばらしい歌声でした。

来賓として、就任間もない民青北海道委員長の山本さんと、紙智子参院議員が力強い激励のあいさつをしてくれました。

激励のあいさつをする紙智子参院議員

私は、わが人生の激動の4年間を振り返り、市議会の報告と選挙に向けての決意表明をしました。

議会報告と決意表明をする吉岡市議

 みなさんと共に力を合わせて、春の市議選勝利を信じてラストスパートに入ります。

ご一緒に春を迎えに行きましょう。

(1月24日 記) 

 

 

吉岡ひろ子札幌市議の挨拶

 

 
紙智子参院議員の挨拶


2023年1月19日木曜日

市議選の事務所びらき

 市議選告示まで75日と迫った1月15日、「吉岡ひろ子事務所開き」を行いました。

歩道などがツルツル路面のなか、足を運んでくださった方々はもちろんですが、人数制限のため参加を見送った方々もありがとうございました。

 

2期目への決意を述べる吉岡市議(=1月15日、清田区)

来賓として参加してくれた老人クラブの方が「去年は大雪でひどかった。ベランダから雪に埋まった車が見えて、結局自宅前で埋まった車を5回手伝った。オリンピックどころじゃないよ。『除雪』の吉岡で頑張って」と、ユーモアをまじえた力強いあいさつをしてくれました。

北野台後援会、新婦人内後援会、年金者組合内後援会の代表の方のあいさつにも励まされ、最後に一番若い参加者のTさんから花束を頂きました。

和気あいあいとした中にも、戦争か平和か、暮らし破壊か守るのかが掛かった統一地方選挙に向け会場が一つとなって、勝利を誓いました。

こんどの選挙は初めて現職としてたたかう選挙で、支援していただいている方への訪問などが思うようにできず、すっかりご迷惑をおかけしていて本当に申し訳ありません。4年間の経験を今後活かしていくためにも絶対に負けられません。

 

(1月17日記)

2023年1月12日木曜日

二十歳を祝う会

 「おめでとうございます」「日本共産党です」「吉岡ひろ子です」と思い思いに声をかけ、準備した民主青年同盟や私のビラを受け取ってもらうたびに、「ありがとうございます」と大きな声で言います。読んでくれることを心から願って。

 


清田区体育館で開かれた「二十歳を祝う会」入り口前は、私たち共産党をはじめ立憲民主党や公明党もそれぞれアピールし、にぎやかさの中にも、統一地方選挙直前の緊張感がみなぎっています。

コロナ禍のため式典は30分だけでミニコンサートなどもなく、終了後は出身の中学校ごとに記念写真を撮影したり、楽しそうに談笑する姿が会場いっぱいにあふれていました。


チマチョゴリ姿の女性と和服姿の素敵なお二人に出会ったので、撮影をお願いすると、快諾してくれ撮ったのですが、スマホの調子が悪く保存がされていなくてがっかりしました。

どの民族であっても出身地でも、性的マイノリティでも、障がいがあっても、一人ひとりが大切にされ、多様性が認められる社会を願うとともに、先に成人した私たちが、いま自分の言葉でメッセージを発信する努力こそが、求められているように思います。

 



(1月9日 記)

 

2023年1月1日日曜日

未来にむかって

 ロシアによるウクライナ侵攻に乗じて、大軍拡と大増税を国民に押しつける岸田政権の暴挙のなか、新年を迎えました。

みなさんから市議会に送って頂いて、矢のように過ぎた3年9か月でした。

4月の統一地方選挙では、平和で豊かな未来につながる社会、みんなが笑顔でくらせる街を作っていくために。みなさんとともに必ず勝ち抜く決意です。

(23年1月1日)