2022年1月20日木曜日

納得いかぬ「18歳の線引き」

 札幌市では「子育て世帯への臨時給付金」については、児童手当を受給している世帯などは12月27日に給付され、高校生だけを養育している世帯などは、1月12日に申請書類が郵送されました。

しかし、「住民税非課税世帯への臨時特別給付金」については全く音沙汰無しで、業を煮やしている方も多いのではないでしょうか。

市役所に問い合わせたら「いつになるか分かりません」と言われたと、お怒りの声が寄せられました。

調べたところ、「子育て世帯への臨時給付金」の支給を先に行っているため、「住民税非課税世帯への臨時給付金」が遅れ、2月から書類が順次郵送されるとのことでした。

「もっと早くしてよ」というのはもっともです。 

ところで、子育て世帯の給付金が18歳未満ということに疑問や不満が渦巻いています。

党市議団が行った「市政アンケート」の清田区の方の声には複数の方から「19歳で奨学金を借りて専門学校に通っている。とても大変、助けてほしい」、シングルで18歳以上の学生2人の保護者からは「18歳の線引きを明確に説明していただきたい」と憤りの声が寄せられました。

昨日から通常国会が始まりました。2月16日からは、22年度予算を審議する第1回定例市議会も始まります。

必要なところにこそ税金を使ってほしい。

(1月18日 記) 

 

2022年1月13日木曜日

船出の年に

 オミクロン株によるコロナ感染者が急増するなか、米海軍ミサイル駆逐艦が2月6日から11日に小樽港に寄港することに不安が広がっています。

小樽市によると、寄港時は、1日あたり最大240人が上陸するといわれ、5日から12日に開かれる「さっぽろ雪まつり」への影響を考えれば迷惑としか思えません。

アメリカではここ7日間は、1日平均で70万人超の感染者が出ていて、「親善のため」に寄港するなど言語道断です。

そもそもミサイルを搭載する巨大な米駆逐艦が民間港に寄港することは内外の緊張を高めるものであり、許すわけにはいきません。

地元小樽市をはじめ、札幌市、北海道も懸念を示していますが、政府はダンマリを決める一方で、「改憲」の動きを加速し、アメリカと共に軍事対応の強化を全面に出しています。

12年前、清田区9条の会連絡会で招いた元米海兵隊員のアレン・ネルソンさん(故人)が話した「本当の戦争は映画とは違う。日本の皆さんが第二次大戦後、戦争の体験をしないでこれたのは憲法9条のおかげです」の言葉をしっかりと胸におさめて、7月の日本共産党100周年と、参議院選挙に立ち向かいたいと思います。

戦前の「植民地主義」と「軍国主義」という日本の負の歴史に誠実に向き合い、アジアと世界の平和のために、憲法9条を生かした外交ができる日本へと、新しい船出の年にしたいものです。

(1月10日 記)

 

※1月11日、小樽市に通知があり、米駆逐艦ストックデールの小樽港寄港は取り止めになりました。

※1月7日、日本共産党札幌市議団は、札幌市に対し申し入れを行いました。

👉米艦船寄港は中止を/党札幌市議団が市に


 

 

2021年12月31日金曜日

笑顔の年に

 コロナに感染しても入院すらできず、多くの尊い命が奪われた2021年。

そして、日本共産党として、初めて「政権交代!」と総選挙をたたかった2021年。

政治が一部の人たちのためでなく、すべての人の手に届き、笑顔あふれる年になることを願ってやみません。あなたとご一緒に!


2021年12月24日金曜日

19日、怒りの宣伝

 千葉県習志野市にいる『まだ見ぬ君』に会えずに2年。

まだ見ぬ君というのは、23日で2才になる孫のことですが、定例議会も終了し、コロナ感染も少なくなっている今だと思い行ってきました。

ついでにと言っては何ですが、同じ千葉県松戸市には25日で9才になる双子の孫もいるので、まとめて誕生会をすることになり、子どものパワーを浴びて、ドカ雪の待つ札幌にゆうべ帰ってきました。

今日は戦争させない清田区民の会『怒りの宣伝』の日。

15日に世界のノーベル賞受賞者50人超が、各国政府に軍事費を2%削減を求める公開書簡を出したことをスピーチで紹介しました。

書簡は「世界平和の配当」として、新型コロナウイルスパンデミック、気候危機、極度の貧困の解決に向けて、資金をまわすように求めています。

日本からは物理学賞受賞の天野浩さん、梶田隆章さんが名を連ねています。

日本政府は削減どころか、補正予算として7700億円を組み、過去最大6兆円の軍事費に膨れ上がっています。

札幌市はと言えば、全道179中168市町村が実施し、未実施自治体の殆どが検討する福祉灯油制度に、冷たい態度。

今年最後の19日宣伝も、やっぱり怒らずにはいられませんでした。

良いお年を!

(12月19日 記)

2021年12月16日木曜日

コンサート

 「江別弦楽アンサンブル 第26回演奏会」があり、行ってきました。

バイオリンとビオラ、チェロ、コントラバスによる繊細で美しい調べに少しの時間、酔いしれてきました。

コロナ感染症のため、昨年と今月9月の演奏会が取りやめとなり、今年は諦めていたところ、幸運にも会場が確保でき演奏会が開催されました。

開演にあたり、アナウンスが流れました。「ケータイの電源を切ること」などお決まりのアナウンスなのですが、「コロナ感染対策のため、『ブラボー!』などのお声がけはお控えください」と言ったときに、アナウンスをしている女性が「クスッ」と笑いました。あまり大きな会場ではなく、今まで参加したときも「ブラボー!」という雰囲気ではなかったものですから、私も心の中で「クスッ」と笑い、気持ちが和らいだように感じました。

前半のモーツアルトの曲は殆ど眠りの国で聴き、休憩を挟んだ後半のチャイコフスキーのセレナーデは、しっかりうっとりと聴かせて頂きました。

いつもはスポーティな出で立ちの知人女性は、黒いロングドレスに身を包み、ステージ中央でバイオリンを奏で、まるで別人のようです。

「文化の灯りを消すな」、コロナ禍で気がついた大切なものの一つが、文化、芸術でした。

(12月13日 記)

吉岡ひろ子だより8号を発行しました。

 このほど、吉岡ひろ子市政事務所は、吉岡ひろ子だより8号を発行しました。

表面には、▼札幌ドーム周辺で検討されているスポーツ交流拠点構想、▼日本共産党札幌市議団が行った2022年度予算要望、▼1500人を対象に実施された清田区のまちづくりアンケートについて。 

裏面は、▼胆振東部地震から3年、▼「新しい除雪方法」の対象地域拡大、▼地域交通、▼コラムなどです。

吉岡ひろ子だより8号(表面)

吉岡ひろ子だより8号(裏面)

 

PDFはこちらから↓↓

吉岡ひろ子だより8号(PDF)


2021年12月9日木曜日

マイナンバーカードセンター

 私もその1人ですが、マイナンバーカードは情報漏えいや、個人情報の面で危ないし、怖いから持ちたくないわーという方が多いのではないでしょうか。

政府はとにかく「デジタル社会」をまい進しています。

そして残念ながら、札幌市もまっしぐらです。

政府はマイナンバーカードを普及するために、あの手この手を使っています。

「身分証明書になりますよー」「保険証の代わりにもなりますよー」「新規の方には5000円のプレミアがついてお得ですよー」などと……。

マイナンバーカードの申し込みはネットや郵便でもできますが、区役所に引き取りに行けるのは平日の昼間だけです。

そこで登場したのが、8月26日から開設された、その名の通りマイナンバーカードの手続きのためのセンターです。

今年度は約2億4千万円計上されていて、来年度分として、約2億3千万円が、今日の総務委員会に議案として出され反対討論に立ちました。

国は来年度中に「ほとんどの住民がカードを保有」するという無謀な計画を自治体に押し付けていて、センター費用も全額国からの交付金です。

この無駄遣い、心底やめて欲しいと思います。

12人の総務委員会、反対は共産党の2人だけでした。

(12月7日 記)

 

 


 

以下、12月7日の総務委員会で行った討論を、文字起こしで紹介します。

討論に立つ吉岡市議(=12月17日、総務委員会)

 【吉岡 委員】

私は日本共産党所属委員を代表して、ただいま議題となっております議案第2号、令和3年度札幌市一般会計補正予算中関係分に反対の立場で討論を行います。

反対の理由は、マイナンバーカードセンター運営費、2億3千200万円が含まれているからです。

マイナンバーカードによる個人情報は、集積されるほど攻撃されやすく、情報漏えいを100%防ぐ完全なシステム構築は不可能です。一度漏れた情報は流通、売買され取り返しがつきません。

マイナンバー制度は個人情報を一元管理する国家による国民監視の危険を高めるものであり、情報漏えいの危険と常に隣り合わせの制度です。

 よってマイナンバーカード普及促進をはかる、センター運営を次年度も継続することに反対です。

以上で私の討論を終わります。 

 

こちらで音声を聞くことができます。