2021年9月9日木曜日

胆振東部地震から3年

「液状化」「盛り土」「ブラックアウト」、どれも胆振東部地震までは、なじみのない言葉、初体験づくしでした。

目の前の道路が2メートルも3メートルも隆起するのですから、実際に被害にあった方のショックは言葉に表すことができないほどでした。

地震の9日後から、共産党の清田区委員会は、道委員会が作成した「制度活用の手引き」を持って、里塚、美しが丘、清田地域の約600軒を訪問しました。

地震の後、近所の人たちとも話していないと涙ぐむ人、夜眠れないという人など……の地域の生の声をつぶさに聴いて回りました。

それが、胆振東部地震からの支援と復旧活動の原点です。

数日前、自宅が全壊し、もとの場所に家を新築したお宅を訪ねました。

「年金ぐらしでローンを払うのは大変だけれど、孫のおかげでがんばれるんです」と笑顔で話してくれました。

昨日5日には完成したばかりの里塚ぽぷら公園で、「震災復旧工事完了のつどい」があり、工事関係者や住民のみなさんなどの労苦をねぎらい、里塚中央の被災地も新たな歩みを踏み出しました。

私たちの住む日本列島は、温暖化のもと、災害が激甚化しています。

「被災者支援」はさらに厚くし、生活再建の後押しをすることが不可欠です。

(9月6日 記)

 

復旧工事の完了した「里塚中央ポプラ公園」=9月6日、札幌市清田区

2021年9月2日木曜日

玉砕の島、テニアン島

 28日の夜はNHKの「ETV特集」の衝撃でなかなか寝付けませんでした。1944年夏、マリアナ沖海戦に続き、サイパン島、グアム島とともにテニアン島では地上戦が繰り広げられました。

2009年8月NHK放送の「証言記録 市民たちの戦争 ー 楽園の島は戦場になった ~ テニアン島」によれば、現地で砂糖きびなどを営んでいた住民約1万5000人のうち、約1500人がこの戦闘で死亡(軍民合わせた死亡は約1万人)、その中の相当の部分が「集団自決」だったと報道されています。(生き残りの島民の証言)

親しい人同士が、家族が……。女性が心の重しになっていた体験を話したのは、取材を始めてから20年近くも経った頃と言います。

防空壕で、日本兵に小さい子を殺すよう命令されたものの、お母さんは手が震え力が入らず、当時12才の女性が、0才の弟の命を絶ったのです。そのときの、弟のカッと見開いた目が顔が終生目に焼き付いて離れないと語りました。

8月15日の戦没者追悼式で菅首相は、日本人犠牲者300万人への追悼はしたものの、日本が起こしたアジア・太平洋戦争の2000万人の犠牲者には全く触れずじまい。

来年の追悼式には、日本の侵略の歴史的事実を、きちんと認め「戦争はダメ」と言える人に式辞をしてもらわないと!

(8月30日 記)

 

2021年8月19日木曜日

母の初盆

 母が亡くなって半年、「初盆」の法要に姉とともに参列しました。

28年前に他界した父は、天理教の信者だった老夫婦に幼い命を助けられ、育てられた恩義から、実家には天理教の祭壇らしきものがありました。

生前、父から、父の死後は母の好きな宗教にしていいと言われていたことから、母は母の実家と同じ禅宗のお寺を選びました。

初盆の法要は、昨年の8月から今年の7月まで亡くなった方が対象で30数人の遺族が参加していました。

30分の時間を、川が流れるように淀みなく話す住職さん。

「形にはそれぞれ意味がある」という法話を聴けば、背中を曲げるわけにはいかず、座禅のように背筋を正した80分。

姉と二人で、晩年までお寺の春・秋の特別参拝に通った母が、どんな思いで通い、法話を聴いていたのかを思いめぐらした時間でもありました。

最近終了したホスピスが舞台のテレビドラマ「ライオンのおやつ」では、ヒロインの亡き母が「生きているのは五感を感じることだ」と言いました。

2年ほど前、叔母のお通夜でお経が終わるのが待ちきれず、私に何度も会食を催促し、ようやくありつけたときの、お寿司を美味しそうにほおばった母の顔が浮かんできます。

(8月17日 記)

2021年8月5日木曜日

二つのつどい

 漢字で書くと「集い」、以前は「小集会」「お茶懇」などと言っていました。

「お茶懇」は、お茶の間(居間)で行う集いという意味ですが、お茶を飲みながらのつどいという意味もあるかもしれません。とはいえ、コロナ禍ですから、お茶は持参で、二つのつどいが7月29日にありました。午前は真栄の読者さんの居間で開きました。

土砂災害防止法に基づく土砂災害特別警戒区域でもあり、札幌市特別保全緑地でもある区域に住んでいる方たちならではの困りごとなどのお話を伺いました。

午後はいわぶち友参議院議員と伊藤りち子道三区国政対策委員長を迎えてのつどい。

「野党共闘は本当に大丈夫なんですか」の質問に対し、岩渕さんは、名古屋入管で医療も受けられず亡くなったスリランカの女性イシュマさん死亡事件受け、野党が力を合わせて、与党が今国会で成立を目指した「入管難民法」改悪をストップできたことなどをリアルに報告。「ワクチン接種はしたくない」という参加者からの、「接種後の副作用や死亡例などの情報がされない」 ことへの憤りに対し、伊藤さんは政府に対し国民の疑問に答える「情報公開」の必要性を力説しました。

市政にも精通している伊藤りち子さんに、三区の統一候補になってほしいと心から思います。

(8月2日 記)

2021年7月29日木曜日

映画「パンケーキを毒見する」

 夜になっても事務所の温度は下がらず、扇風機を回してもじわっとにじむ汗を拭いながら原稿を書いています。

昨日、第8回札幌市議会があり、コロナ対策として101億8000万円の補正予算が可決されました。

7月26日から8月22日の間、飲食店やカラオケ店など1万店を対象に、営業を9時まで、酒類の提供は8時までなどの要件を満たした場合、1日あたり中小企業は2万5千円~7万5千円、大企業は最大20万円の支援金ですが、従業員数によっては、全く不十分な場合が少なくありません。

23日にオリンピックが始まり、東京の感染者数はうなぎのぼりで、今日は過去最多の2848人です。都内の医療はひっ迫していても、マスコミはオリンピックの報道に明け暮れています。

そんななか、ドキュメンタリー映画「パンケーキを毒見する」が注目を集めています。

日本では、「現役政権のトップを題材とした初めての作品」で、「しんぶん赤旗」も登場。

「菅首相になることが決まったときから作ろうと思った。その正体を描くために。しかも選挙に影響を与えるオリンピックの渦中に公開したい」とプロデューサーがおっしゃる通り、札幌でも7月30日から、JRタワーのシネマフロンティアで公開されます。

これは見逃せません。

(7月27日 記)

2021年7月15日木曜日

ボナキタのフードバンク

2月に続いて、二度目のフードバンクが7月4日、清田区で開かれ私も参加しました。今回は食料品を中心に用意され、32人の学生さんや青年が足を運んでくれました。

新型コロナ対策を取って行われたフードバンク会場=7月4日、清田区

乾麺やパックご飯、缶詰、ケチャップなど、調味料や保存食の中に、不揃いの真っ赤なトマトがひときわ目を引きました。大きくなりすぎた定形外トマトを農民連の農家の方が提供してくださったとのことでした。

農家の方から提供された大きなトマト

少量ずつパック詰めされたお米は、イベント用に作られたもので、コロナ禍の大変さと人の温かさが直に伝わります。

 主催は民主青年同盟北海道委員会が、学生や青年に食料支援などをおこなっている「ボナキタ」。さてその意味は、「ボ」はボランティア、「ナ」は仲間、「キタ」は北海道なんですね。

参加者からは、バイトや仕送りが減少、数百万の奨学金(借金)への不安の声など。ボナキタの学生さんからは、ずっとリモート講義で大学では友だちは作れないという状況に胸が痛みました。

民青同盟は、アンケートに寄せられた声をもとに、札幌市にアクションを起こすとのことです。

終了後、会場付近の公園で語らいでいるボナキタのみなさんの姿に元気と希望を一緒にもらった気がしました。

(7月13日 記)

2021年7月8日木曜日

「賛成」だけれど一言

  東京都議選は今回も議席増!大いに感動しました。

 開催中の市議会に10本の議案が提案されました。そのうちの一本が「一般職の任期付き(正)職員の採用」ができるよう「任期付き職員条例」を改正するもので、今日の総務委員会にかかりました。

 札幌は20数年で保健所が9ヵ所から1ヵ所に激減し、職員も減らされてそんな状況でコロナ禍になりました。コロナ対応のため、多い時には1000人規模で保健所に応援に入らなければならず、職員の負担は放置できない状況となりました。

 そのため、市はコロナ感染症が収束する頃まで約1年半という期限付きで、責任ある仕事につくことができる一般職員を20人採用します。「任期付き」という条件以外は、給与体系や休暇、手当、退職金などは、「正職員並み」です。

 職員が足りないことは重々分かりますが、期限のない正職員を増やしてほしいなあと思います。

 せっかく責任ある業務についても、1年半先は「失職」では人生設計もままなりません。そういうことを繰り返す働かせ方は改めるべきだと思っています。

 自治体が率先して、働く人が先の見通しがたつ社会にしなければ……という思いはありますが、今職員を増やすことは必要なので議案には賛成しました。

(7月6日 記)