2019年1月27日日曜日

清田区新春のつどい

 「すごくあったかい雰囲気の新年会ですね。実は私、‟かくれ党員”だったんです」と、軽妙なジョークで会場を盛り上げてくれたのが、乾杯の音頭を取ってくれた松原さん。
  
 松原さんは胆振東部地震で被災し、転居を余儀なくされました。
 
 胆振東部地震を乗り越えて2019年を迎え、最初の大きなイベントである、「清田区新春のつどい」は例年になく、多くの人達に足を運んで頂きました。
 
 本当にありがとうございました。
 

 新婦人、生活と健康を守る会、民主商工会、年金者組合の会員さんたちも沢山参加し 、新しい顔ぶれにも励まされました。
 

「乱拍子」の獅子舞によるオープニング、相撲甚句、コーラス、そして私の町内老人クラブの中川さんの浪曲と続き、会場が和みます。
 

 全道をかけ回っている畠山和也さんも最初から約1時間参加し、二つの選挙勝利へ決意を表明。約20分かけて全部のテーブルを一緒に回ることができました。
 


 参加者みんなが「選挙勝利に向けて頑張ろう」とそれぞれが胸に、帰られたのではないでしょうか。
 

 昨日は早速、女性後援会が会議を開き、本格稼働へむけ動き出しました。
 「楽しい選挙にしようね」と ―。


(1月23日記) 


【お知らせ】
2019年「新春のつどい」の動画をyoutubeにアップしました。ぜひご覧ください。

はたやま和也前衆院議員のあいさつ


吉岡ひろ子清田区市政相談室長のあいさつ