2020年1月11日土曜日

お正月に

 大晦日に車を運転していて雪のない街並みに、不気味さを感じていただけに、元日の雪に胸をなで下ろしました。

 2020年の新年も、後援会の皆さんや紙智子さん、はたやま和也さんと元日宣伝で元気にスタートしました。



 お正月、みなさんは、どのように過ごされたでしょうか?

 数年前までは、母を連れ立って姉とカラオケに行くのがお正月の恒例になっていましたが、母(98才)の認知症が進んだことや、歩行困難もあって、最近はカラオケに行けなくなりました。

 2日の午後、実家に行くと、母はソファーに座った状態で寝ていましたが、目は閉じたまま、突然「ふるさと」の歌を歌いだしました。

 歌詞の分からないところは「ふーんふーん」とメロディだけですが、しっかり歌っています。

 母が目を覚ましたので、スマホのユーチューブで「東京音頭」や「青い山脈」など、ナツメロを流して、義兄や姉と一緒に口ずさみました。

 お正月の宿題にしていた市議会建設委員会に関わる「札幌市下水道ビジョン」についての学習をしましたが、なかなか奥深いものがあります。 なかなか奥深いものがあります。

 「大事なものは見えないんだなあ」とはよく言いますが、「下水道」の学習をしてから、毎朝「下水道管」に思いを馳せる私です。

(1月8日 記)