2018年12月13日木曜日

「ごく一部」でも助かるんだよ!

 一週間が矢のように過ぎ、市議選まで108日となりました。
 
 先週木曜日、市議選候補のマスコミの写真撮りがあったので、朝の宣伝の後、知人の理容店で「顔そり」をして、市役所本庁に向かいました。
 
 どうしてもカメラに向かうと、顔がこわばります。怖い顔になっていなければいいなあと思いながら、会場を後に、大通りの地下街で、昼食のおそばを頂きました。
 
 午後は、東区選出の平岡大介市議の代表質問を傍聴。

 市長の政治姿勢に始まって、都心アクセス道路、防災、子育て、暮らし、高齢者、障がい者支援など、多岐に渡る勢いのある攻めの質問でした。

 市民に冷たい姿勢があらわになったのが「福祉灯油」に対する答弁です。

 「灯油高騰は死活問題。道96市町村が実施。低所得者や高齢者、障がい者など最も弱い立場の市民に配慮し、実施すべき」と平岡市議が質問。
 
 市の答弁は「福祉灯油は、支給事務に多額の経費を要するものの、給付を受ける側にとっては、冬期間の暖房費のごく一部にとどまることから、施策としての実効性が高いとは言えないため、実施は考えていない」とのことでした。

この市の態度を報告すると聞いている方から、いつも決まって言われます。「『ごく一部』でも助かるんだよ!」

(12月12日記)

2018年12月6日木曜日

清田区演説会

 事務所開きから6日目、清田区演説会が開かれました。
お集まりいただいた皆さんには、感謝の気持ちでいっぱいです。


 演説会開会の10分前に司会のNさんが、私のところに駆け寄ってきて、「吉岡さん、時間ある?」というやいなや、みるみる私を変身させました。実は彼女れっきとしたメーキャップアドバイザー。最後に鮮やかな口紅と「目力(めぢから)」効果のお化粧で完成。これほど本格的にお化粧した演説会は初めて。


 今回の演説会は、4月の市議選勝利と、参院選でも躍進し、安倍政権をノックアウトするための第一歩です。
 私は家族や生い立ち、候補としての原点や、来年の市議選にむけての決意を率直に述べさせていただきました。 

 はたやま和也さんは領土問題から消費税、外国人労働者の問題などを縦横に、ユーモラスにお話しくださいました。


 数日後、参加者から一枚のハガキが届きました。
「吉岡さん、いつも大変で苦労な事と思うのですが、いつ会ってもニコニコ、丸々として、やつれたりやせたりしていないのが不思議です。たのもしいです」、そして風邪の予防を事細かく、6箇条にまとめて書いてくれました。

 文面を見て思わず吹き出し、そして心がほかほか温かくなりました。この心づくしが風邪予防の一番の特効薬です。 


(12月5日記)

2018年12月1日土曜日

日本共産党清田区演説会を開催しました!

12月1日(土)はたやま和也さんを迎え、来年の市議選と参院選の勝利めざす、清田区演説会を開きました。参加者とともに、奮闘と勝利を誓いあいました。


2018年11月30日金曜日

いよいよ明日、日本共産党清田区演説会を開催します。

12月1日(土)10時から日本共産党清田区演説会を開催します。
場所は平岡地区会館(平岡7条3丁目9ー25、生鮮市場隣)です。
お近くの方、ぜひぜひいらしてください。


2018年11月27日火曜日

清田区新聞(11月・12月号外)ができました!

清田区新聞(11月・12月号外)ができました! 
これから皆様のもとへお届けします。ぜひお読みください。



2018年11月22日木曜日

明日を拓こう

毎朝、ラジオのニュースを聞きながら、車でバス停前の宣伝に向かっています。

9時過ぎには、「音楽遊覧飛行」、お昼過ぎには「昼の歌謡曲」など、おなじみの番組も少なくありません。

ある番組で女性の歌が流れたときです。リリックソプラノでしょうか。高い声が澄んでいて柔らかく、心に染みる歌でした。

運転をしながら歌手「ハンザキ ヨシコ」という名をしっかり胸に刻み込みました。

半崎美子さんは札幌市出身のシンガーソングライター。長い間イベント会場などで全国を回っていたそうです。

その時の歌「明日を拓こう」のCDを、数日後とうとう買いに行きました。

10年ほど前に買ったCDは100円ショップのものでしたから、今回はかなりの奮発です。CDをかけながら夕食後に練習して、何とか歌えるようになり、新婦人の会のカラオケサークルを心待ちにしています。

しみじみとして、そして元気が湧いてくる歌です。

(11月21日記)



消費税は増税するな!

「コンビニから買ってきて家で食べるお弁当が8%?」

 それとも「店内で食べるお弁当が8%?」「そうだ」「いや違う」とにぎやかな議論の末、どちらが正しいか結論は出ず、「宿題にしよう」となりました。ある会議での、安倍政権が狙う消費税増税の軽減税率の紛らわしい話です。(正解は家で食べるが8%)

 安倍政権のもとで、家計消費は落ち込んだまま。消費税増税に加えて、実質賃金が18万円減、年金も減る中で暮らしは悪化しています。

 加えて、導入されようとしている「インボイス制度」は小規模業者イジメの典型。
 「インボイス制度」によって、免税業者は取引から排除されないように、新たな納税義務と煩雑な事務が伴う課税業者にならざるをえなくなり挙句の果てには、おおくの業者が廃業に追い込まれます。
 消費税増税に賛成の商工会議所も、インボイス制度には反対しています。

 そもそも消費税は低所得者ほど負担は重くなる国民いじめの税制ですが、今回の増税は何重もの庶民イジメです。
 その一方で、「アベノミクス」のもと、富裕層や大企業には空前のもうけが転がり込んでいるといわれます。
 
今、やるべきは消費税増税ではありません。

「消費税は増税するな!」の声を初冬の街に響かせましょう。

(11月13日記)